看護学部

ホーム > 学部・学科紹介 > 看護学部 > 看護学部の教育方針(3つのポリシー)

看護学部の教育方針(3つのポリシー)

アドミッション・ポリシー(学生の受け入れ方針)

・人々の生命や健康に対して強い関心を持ち、看護の専門職者を目指す意思がある人。
・生涯にわたり自己研鑚を重ね、幅広い知識を身につけたいという好奇心旺盛な人。
・自ら学ぶ意欲を持つ人。
・他者と協力して行動できる人。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)

・看護学部の5つの教育目標を達成するために、「共通教育科目」「専門支持科目」「専門教育科目」の3分野でカリキュラムを構成している。
・「共通教育科目」は、幅広い教養を身につけることを目指して多くの履修科目を設置し、看護学の基盤となる関連学問領域の科目を必修科目として、多年次にわたって履修できるよう配置している。
・「専門支持科目」、「専門教育科目」は、選択科目を多く設置し、確かな倫理観に基づく人間性を養うことを基盤に、グローバルな視点からリーダーシップとマネジメント力、看護イノベーション力を培い、生涯にわたって自己研鑽を行うための基礎的能力を、学生が興味関心によって主体的に学べるようにしている。
・「専門教育科目」は、看護のコアとなる事項として設定した6領域、すなわち、「看護の基盤」「生活環境と看護の対象」「看護援助の方法」「看護提供のしくみ」「グローバルヘルス」「看護の統合と革新」にそった科目区分とし、講義・演習・実習科目の一連の過程で看護を統合的に学べるよう科目を設置している。
・「専門教育科目」においては、看護の対象を深く理解するために、ライフサイクルと健康段階、生活を営む場の3軸を組み合わせて看護対象論を構成し、看護援助方法としての援助的人間関係形成能力を基盤にして看護過程を展開する中で、臨床判断、ベストプラクティス、セルフケアの支援、ヘルスプロモーションの4つの看護実践能力を学べるようにしている。
・実習は、「看護の対象と場を学ぶ実習」、「援助的人間関係の形成と看護援助の展開方法を学ぶ実習」、「ライフステージ・疾病や障害の過程に関わる看護実践を学ぶ実習」、「看護を統合する実習」の4段階で構成し、看護実践能力を効率的に履修できるよう設置している。
・保健師課程と助産師課程は、すべての学生が国家資格の取得を希望するわけではないので、自由意思で学べるよう選択制としている。

ディプロマ・ポリシー (学位授与方針)

・確かな倫理観に基づいたヒューマンケアリングの基礎的能力を修得し、幅広い視野を持ち、看護を統合的に考える力を身につける。
・保健・医療・福祉に携わる多職種と連携し、チーム医療の中での看護者の役割を理解し、リーダーシップ力とマネジメント力を身につける。
・国際的動向に関心を持ち、それぞれの国や地域の文化の相違を踏まえて、グローバルな視点から看護者としての役割を理解し、行動できる基礎的能力を身につける。