看護学部

ホーム > 学部・学科紹介 > 看護学部 > 資格・進路

資格・進路


人間の豊かさ、科学的な思考と解決力、創造性、柔軟性、広い視野、グローバルコミュニケーション、情報と人をつなぐ力の向上を主とした科目を基盤として配置。さらに、高度で複雑・多様化する健康の課題に対する社会的ニーズに応じられる看護の専門的知識・技術、看護実践力の習得が図れるよう配慮しています。

  • 看護師国家試験受験資格
  • 保健師国家試験受験資格(選択制)
  • 助産師国家試験受験資格(選択制)

看護職としての活躍の場

人口の高齢化、少子化が進む中で看護の価値はますます高まってきています。高齢者が住み慣れた地域や自宅で最期まで安心して過ごせるように、また病気を速やかに回復させて入院はできるだけ短くし、地域で普通の生活をしながら療養が継続できるように、これからの看護は病院から地域に活動の場を拡大していかなければなりません。また、職場や学校での健康管理、保健指導なども病気の予防という点でますます重要になってきています。

さらに、あらゆる局面でグローバル化が進む世界で、災害や紛争、貧困など様々な理由から深刻な健康問題に苦しむ人々に対して、看護の専門的知識と技術を用いて支援を行う看護者が求められています。これからの看護は、その活動の場を世界に広げていく必要があります。

本学では、確実な知識と実践能力を身につけ、看護が必要とされるあらゆる場で主体的、創造的に活動できる看護者、そして国際感覚とチャレンジ精神をもった看護者の育成を目指しています。

主な進路

  • 医療機関
  • 総合病院や個人病院、診療所での看護業務に携わることができます。チーム医療が主流となった現代の医療において、看護師の役割と業務はさらに広がり、求められる能力も幅広くなっています。

  • 訪問看護ステーション
  • 家庭で療養されている看護対象者に対し、健康状態の観察・助言や日常生活看護、検査・治療促進などを行います。

  • 在宅介護支援センター
  • 地域の高齢者を見守り、住み慣れた家で、高齢者が安心して暮らすサポートや、介護する家族の支援を行います。

  • 社会福祉施設
  • 児童福祉施設や障害者更正支援施設、老人福祉施設などでさまざまな福祉サービスの提供を行います。

  • 保健所
  • 都道府県などが設置する公的機関で、看護の専門家として、地域保健に関する各種業務を行います。

  • 市町村保健センター
  • 市町村が設置する施設において、健康相談、保健指導および健康診査その他地域保健に関しての業務を行います。

  • 一般企業
  • 健康の維持・増進、病気の予防といった働く人々の自己管理を支援する仕事ができます。

  • 助産所
  • 開業助産師として、妊娠から分娩、産褥まで一貫した母子ならびにその家族の健康支援、育児支援を行います。

  • 学校・養護学校
  • こどもたちの健康管理、健康維持・増進・予防について支援する仕事ができます。

  • 海外活動
  • 本学では英語教育にも力を入れており、グローバル化が進む現代において、国内外で国際支援看護師として活躍できます。

  • 研究機関
  • 習得した知識・技術をさらに追求し、公的機関や企業の研究所などにおける研究者の道を歩むこともできます。

  • 大学院
  • より高度な専門職NSを目指すために大学院レベルでの専門看護師教育や、また看護教育、研究者となるために看護系大学院で学ぶことができます。