看護学部

ホーム > 学部・学科紹介 > 看護学部 > 学びの体系

学びの体系

健康・福祉の課題に、社会のニーズに呼応した質の高い看護を提供する人材の育成をめざして

高度化・複雑化・多様化する看護の現場で要求される豊かな人間性と創造性、柔軟性、専門的な知識・技術を、年次を追って確実に修得するプログラムを展開します。加えて、豊富な実習科目の設置により看護実践能力を高め、人々の生活の質の向上に寄与する、質の高い看護の専門職を養成します。

1年次

基礎知識と技術を学ぶとともに、幅広い教養や豊かな人間性を身につけ人としての基盤を形成。看護の現場を早期に知ることで、興味・関心のある分野を自覚し、自主的に学習に取り組むための演習・実習があります。

2年次

疾病・治療の実態、人の心とからだ、保健医療福祉など各分野に応じた専門的な科目を多彩に設置。それぞれをバランスよく学びます。実習科目では看護の基礎実勢能力を育成するにとどまらず「看護とは何か」を考える機会を提供します。

3年次

1、2年次に習得した基本的な知識・技術をもとに学内演習と臨地実習を行います。演習と実習を体系的・連続的に組み合わせることでより高い看護実践能力を身につけることが可能。医療機関をはじめ、保育所、福祉施設などさまざまな現場で実習を体験できます。

4年次

医療機関などの施設内とは異なる地域を基盤とした看護実践を学びます。さらに、これまでの看護学習の集大成として、それぞれの興味や関心に応じた課題を追求し、主体性を身につけます。看護のプロとして活躍する日に向け、知識と看護現象の統合をはかります。