教育学部

ホーム > 学部・学科紹介 > 教育学部 > 教育学部長あいさつ

教育学部長あいさつ


 21世紀の社会において情報化やグローバル化といった社会的変化が人間の予測を超えて加速度的に進展しています。第4次産業革命ともいわれる進化した人工知能が様々な判断を行ったり、身近な物の動きがインターネットで最適化されたりする時代の到来が、社会を大きく変えていく予測がなされています。このような社会変化を見据えると、社会や人生を人間ならではの感性を働かせてより豊かなものにしていくことが期待されています。本学部は、「人に愛され、信頼され、尊敬される人を育成する」という建学の精神に則り、将来のわが国を担うこどもの育成を自覚し、一人ひとりのこどもを大切にはぐくんでいこうとする強い使命感をもった教育者の養成をめざしています。これを具現するために以下の3つのことを到達目標とする教育を実践しています。


●保育・教育実践に必要な倫理観・知識・態度を習得し、指導できる力を身に付ける。
●保育・教育に対する使命感と責任感を理解し、教育的課題を解決するために必要な専門基礎力を身に付ける。
●広い視野から他者と協働できる社会性やコミュニケーション能力を身に付ける。


 このように本学部は乳幼児期から少年期のこどもの連続的な育ちを支援するための保育・教育のあり方を探究し、保育・教育実践学の推進に努めています。
 本学部は播磨灘を一望できる豊かな自然環境の中にあります。大学生活や学修にふさわしい環境が整っている姫路大学で教育者をめざす学生と共に目標に向かって歩んでいきます。


教育学部長代行 長瀬 善雄