教育学部

ホーム > 学部・学科紹介 > 教育学部 > 教員と科目の紹介 > 濱田 格子

教育学部こども未来学科 教員と科目の紹介

氏 名
濱田 格子 HAMADA Sadako
所 属
教育学部こども未来学科
職名/役職
特任講師
担当科目
【通学】家庭支援論、児童家庭福祉、女性学、人権論、基礎ゼミI、保育実習基礎、保育実習指導I(保育)、保育実習指導I(施設)、保育実習I、保育実習指導II、保育実習II、保育実習指導III、保育実習III、(看護)女性学

         【通信】保育実習論I、保育実習論III

 
専門分野
子育て支援、ジェンダー、成人学習支援、福祉NPO

略歴

学位

 修士(学術、神戸大学)

略歴

 尼崎市人権教育啓発推進アドバイザー、伊丹市立女性児童センター男女共同参画事業統括、関西国際大学教育学部講師を経て現職

メッセージ

 大学生活は思いのほか短い。ぜひ、「未知の世界」に出会うよう、自ら行動しましょう。ボランティア、一人旅、そしてこれまで手にしたことのない分野の読書。私のお勧めは、古典的な児童文学です。「かつて子どもであったことを忘れない大人」でいてほしいので。

主な研究業績

研究業績

  1. 幼稚園教師に求められる資質能力―幼稚園本調査の結果分析(共著、関西国際大学教育総合研究叢書第3号、2010年)
  2. 子育て支援ツールとしての赤ちゃん絵本の開発と配布システムの構築(関西国際大学研究紀要第12号、2011年)
  3. 世代間交流の活性化をめざした高齢者支援事業-子育て支援への参画を介して(共著、大阪ガスグループ福祉財団研究報告書27、2014年)
  4. 子育て支援者ステップアップセミナーテキスト(共著、ひょうご地域子育て支援大学間連絡協議会、2014年)
  5. 子ども食堂実態調査から見える課題―子どもの居場所としての機能(姫路大学紀要第9号、2018年)
  6. 祖父母世代の子育て支援者養成に必要なジェンダー視点(日本世代間交流学会第5回全国大会自主シンポジウム、2014年)
  7. ダウン症親子サークルの支援を通じた支援者・学生・保護者の学び(日本保育者養成教育学会研究大会 ポスター発表、2018年)

社会活動

  1. 家庭は一番小さな社会~そこは安心の居場所ですか(尼崎市連合育友会人権講演会、2017年)
  2. 兵庫県子育て支援員基本研修・専門研修(2017年)
  3. 川西市子育て世代包括支援センター職員研修(2018年)
  4. 認定NPO法人子どものみらい尼崎理事長、尼崎市社会教育委員、尼崎市男女共同参画審議会委員、宝塚市子ども審議会委員、伊丹市教育委員会人権教育指導員など

連絡先

E-Mail

sadako_hamada@koutoku.ac.jp
(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。)