教育学部

ホーム > 学部・学科紹介 > 教育学部 > 教員と科目の紹介 > 長崎 誠人

人文学・人権教育研究所 教員と科目の紹介

氏 名
長崎 誠人 NAGASAKI Shigeto
所 属
教育学部こども未来学科
職名/役職
准教授
担当科目
【通学】 哲学、宗教学、生命倫理、基礎ゼミI、地域ボランティア
【通信】 哲学、宗教学、生命倫理
専門分野
宗教学、近現代の日本の宗教運動

略歴

学位

 修士(人間・環境学、京都大学)

略歴

 東京大学文学部宗教学・宗教史学科卒業。
 京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程単位取得退学。
 日本学術振興会特別研究員等を経て現職。

メッセージ

 「現代社会においてもっとも現実的なのは、理想主義的であることだ」。ある社会学者の言葉です。現実の圧力に屈せず、理想を掲げ続ける力を、大学生活でぜひ培ってください。

主な研究業績

論文

  1. 「いのちの危機と象徴の危機‐宗教と科学の統合をめざして」(近畿大学日本文化研究所(編)『日本文化の美と醜』 風媒社、2009年)
  2. 「金光教の発生‐脱呪術化論から象徴的理解へ‐」(近畿大学日本文化研究所(編)『日本文化における中心と周縁』 風媒社、2010年
  3. 「『無常観』のゆくえ」(近畿大学日本文化研究所(編)『危機における共同性』 風媒社、2012年)
  4. 「現代宗教の指導者崇拝-シンボリズムの観点から」(近大姫路大学人文学・人権教育研究所『翰苑』創刊号、2014年)
  5. 「教祖論と宗教理解―新宗教教祖論再考」(『叡山学院研究紀要』第38号、2016年) 
  6. 「救済宗教」の歴史的展開―生命倫理学的観点から」『姫路大学教育学部紀要』第10号、2017年)
  7. 「教祖理解と「宗教的自叙伝」」(『近畿大学日本文化研究所紀要』第1号、2018年)
  8. 「金光教における「宗教的自叙伝」をめぐる問題―『金光大神御覚書』と『お知らせ事覚帳』―」(『叡山学院紀要』第40号、2018年)

学会発表

  1. 「金光教の発生‐象徴解釈の立場から」日本宗教学会、2011年9月、東洋大学。
  2. 「無常のシンボリズム‐震災から考える」日本宗教学会、2012年9月、皇学館大学。
  3. 「出口なおの教祖化過程について-象徴解釈の立場から」日本宗教学会、2013年9月、國學院大學。
  4. 「金光教における教祖理解の変遷について」日本宗教学会、2014年9月、同志社大学。
  5. 「「宗教的自叙伝」を読むことについて」日本宗教学会、2017年、東京大学。

社会活動

  1. 近畿大学日本文化研究所寺子屋塾講師(2009年~2013年)
  2. 天台宗総合研究センター研究員(2010年~現在に至る)