教育学部

ホーム > 学部・学科紹介 > 教育学部 > 教員と科目の紹介 > 杉山 雄一

教育学部こども未来学科 教員と科目の紹介

氏 名
杉山 雄一  SUGIYAMA Yuichi
所 属
教育学部こども未来学科
職名/役職
教授
担当科目
【通学】基礎ゼミII、保育の表現技術(合奏)、芸術論、音楽IV(器楽)、ピアノ演習I・II
【通信】こどもと音楽表現III(ヴァイオリン・器楽)、こどもと音楽表現IV(ソルフェージュ)、保育の表現技術(合奏)、芸術論、音楽IV(器楽)
専門分野
指揮、弦楽器

 


略歴

学位

 修士(学校教育学、兵庫教育大学)

略歴

 東京芸術大学音楽学部卒業
 フライブルク音楽大学(ドイツ)マスターコース修了
 兵庫教育大学大学院学校教育研究科修了(学校教育学修士)
 大阪シンフォニカー(現大阪交響楽団)首席ヴィオラ奏者、兵庫教育大学大学院非常勤講師、武庫川女子大学及び神戸女学院大学音楽学部非常勤講師を経て現職。

メッセージ

 人間が自分を表現するには、さまざまな手段があります。言葉・身体・美術・音楽。。。 私の場合はそれが音楽、なかでも「弦楽器」なのですが、弦楽器をやっていて本当によかったと思っています。見たこと・聴いたこと・感じたこと・思ったことを、楽器を介して表現する。こんな素晴らしいことはありません。みなさんは自分を表現する手段を持っていますか?弦楽器や、それに関連して合奏や指揮に興味のあるみなさん、一緒に音楽を媒体とした表現について学びましょう。自分を表現することを通じて、「子どもが自らを表現する手助けをする」ことについても考えましょう。

研究業績

論文

  1. 「教員養成校におけるピアノ初心者の指導を考える -エメ・パリの『リズム名』とヴァイオリンの音程感覚を基に-」(2015年12月『近大姫路大学教育学部紀要』第8号)
  2. 「自分の表現を身につけるヴィオラレッスン ―小学校学習指導要領(音楽)を手がかりに―」(2016年12月『姫路大学教育学部紀要』第9号)
  3. 「こども園での楽器指導に関する一考察 ―鍵盤ハーモニカを事例として―」(2017年12月『姫路大学教育学部紀要』第10号)

演奏活動

  1. アンサンブル135結成10周年記念演奏会(室内楽、2013年)
  2. 杉山雄一ヴィオラの世界(リサイタル、2013年)
  3. 明石フィルハーモニージュニアオーケストラ定期演奏会(指揮、2013年)
  4. 夏祭りなにわなくとも室内楽(室内楽、2013年)
  5. アンサンブル135演奏会Vol.14(室内楽、2014年)
  6. 明石フィルハーモニージュニアオーケストラ定期演奏会(指揮、2014年)
  7. 室内楽の愉しみ(室内楽、2014年)
  8. 第4回子ども音楽祭(指揮、2014年)
  9. アンサンブル135演奏会Vol.15(室内楽、2015年)
  10. 明石フィルハーモニージュニアオーケストラ定期演奏会(指揮、2015年)
  11. 杉山雄一ヴィオラリサイタル(リサイタル、2015年)
  12. 世良美術館コンサート(室内楽、2016年)
  13. アンサンブル135演奏会Vol.16(室内楽、2016年)
  14. 明石フィルハーモニージュニアオーケストラ定期演奏会(指揮、2016年)
  15. 熊本地震被災地支援コンサート2016(ソロ、2016年)
  16. アンサンブル135演奏会Vol.17(室内楽、2017年)
  17. 明石フィルハーモニージュニアオーケストラ定期演奏会(指揮、2017年)
  18. 杉山雄一ヴィオラリサイタル(リサイタル、2017年)

社会活動

  1. 日本音楽表現学会会員
  2. 全国生涯学習音楽指導員協議会幹事
  3. 文化庁「次代を担う子どもの文化体験事業」協力芸術家
  4. NPO法人「あんだんてKOBE」理事
  5. 大阪国際音楽コンクール審査員
  6. 日本クラシック音楽コンクール審査員
  7. 子どもゆめ基金の助成により、西宮子ども音楽セミナーを開講(2013年、2014年、2015年、2016年)
  8. 日本オルフ音楽教育研究会会員


連絡先

E-Mail

yuichi_sugiyama@koutoku.ac.jp
(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。)