イベントレポート

ホーム > イベントレポート(2019年度) > 「第1回オープンキャンパス」を開催しました。

「第1回オープンキャンパス」を開催しました。

令和元年5月25日、今年度初めてのオープンキャンパスを開催しました。天候に恵まれ快晴の中、実施する事ができました。本学のオープンキャンパスは最初から興味のある学部別に分かれてガイダンスを設定。体験授業やフリートーク、ミッション型キャンパスツアーなど学部の特色を活かせる内容にしてあります。県外からも多数の来場があり、昨年の同時期以上の来場者数となりました。
ご来場くださいました皆さま、誠にありがとうございました。

イベント風景

◇5月25日(土)オープンキャンパス体験授業◇
≪看護学部 体験授業≫

☆体験授業①☆
テーマ:「救命措置について」
講師:大塚和良(看護学部 講師)
内容:BLS(ミニ体験)につながる救命措置についての講義を行います。

☆ミニ体験①☆
テーマ:「BLS、マスク作り」
講師:奥、中尾、大塚、三輪、城尾、新木、山路
内容:成人実習室において、BLS体験を行います。キッチンペーパーを用いて、災害時等で使用するマスクを作成する体験を行います。

☆ミニ体験②☆
テーマ:「胎児について学ぼう」
講師:佐藤
内容:「私たちが母親のお腹にいた胎児期はどのようにすごしていたのでしょうか?、心拍・呼吸・栄養・排泄は?どんな向きや姿勢でいかのかな?」その疑問に妊婦モデルを使って分かりやすく説明します。また、胎児が元気か心拍音を聞いてみましょう。妊婦体験ジャケットを装着して妊婦さんの体験をしてみましょう。さらに新生児人形の抱っこや、呼吸、心拍測定について体験学習を行います。

≪教育学部 体験授業≫

☆体験授業①☆
テーマ:「夢を持ち続けることの大切さ -「メイク・ア・ウイッシュ」-」
講師:和田幸司(教育学部 教授)
内容:「教育は人なり」といわれます。多くの子どもたちが心に残る教師に出会い、その教師から夢を持つことの大切さを学んできました。もちろん教科書には載っていないです。でも、間違いなく私たちの心の中には何歳になっても「先生」と呼び続ける教育者が存在しています。今回の体験授業では、私が小学校教師をしていた時に、いつも卒業生の最後の参観授業で行っていた「メイク・ア・ウイッシュ」という授業を行います。教師という仕事の素晴らしさにふれてもらいたいです。

☆体験授業②☆
テーマ:「ヴァイオリンを弾いてみよう!」
講師:杉山雄一(教育学部 教授)
内容:「名前は知っている。見たことも、音を聴いたこともある。でも触ったことはない。」ヴァイオリンは、そんな楽器ではないでしょうか。もし機会があったら弾いてみたい。けど、難しそう。。。そう思っているあなた、大丈夫です。簡易楽譜と対応シールを使用することによって、誰でも簡単に音が出せ、すぐに一曲弾けるようになります。さあ、ヴァイオリンを弾いてみましょう!