在学生の方へ

ホーム > 在学生の方へ > 気象警報による休講措置

気象警報による休講措置について

               

   ア 気象警報による休講
    次の①、②、③のいずれかの地域に、「暴風警報」が発表されたとき、または、①に「大雨・洪水警報」が発表されたときとします。
     ① 姫路市
     ② 加古川市
     ③ 明石市

 

 イ 気象警報による交通機関の運休の場合、次のいずれかに該当する場合とします。

   ① 阪神電車または山陽電車が運行停止となったとき。

   ② JR西日本「神戸線」および阪急電車が同時に運行停止になったとき。

 

 ウ 台風等による休講は、暴風警報が解除された時刻により次のとおりとします。

交通機関の運行停止/

気象発表の解除時刻

授業/試験の取扱い
備   考
7時までに解除 平常通り 授業実施

※気象庁の発表に注意してください。

 

※この休講措置について大学への電話による照会には一切応じません。

11時までに解除 午後(第3限以降) 授業実施
11時を過ぎても発表中 全日休講

 

 


看護学部 実習における気象警報による休講措置

 台風等による気象警報のうち、「暴風警報または大雨洪水警報」が実習所在地、または学生の居住地において発令された場合の休講措置は、次の通りである。なお、実習を中止にする場合は連絡網を用いて担当教員が連絡するので、独自に判断して行動しない。


①午前6時時点において、警報発令中の場合は、午前中の実習は中止とする。
②午前11時時点において、警報発令中の場合は、午後からの実習は中止とする。

 (午前11時時点において、警報発令解除の場合は、午後からの実習を開始する。)
③実習開始後に警報が発生した場合には、担当教員の指示に従う。

★学内日の休講処置については、履修の手引Ⅱ-11-(6)を適用する。

★領域ごとの取り決めについては、別途追加指示する。

 警報の発令が解除された場合でも、地域により状況が異なるので、まずは自分自身の安全確保を重視し、実習担当教員に連絡をして指示を受ける。

『臨地実習要綱 実習の手引き』より