大学概要

ホーム > 大学概要 > 保護者の皆さまへ

保護者の皆さまへ 

保護者の皆さま

 

  平素より本学の教育にご理解、ご協力を賜り、誠にありがとうございます。
  姫路大学は、新型コロナウィルス感染症が国内で拡大している現状に鑑み、令和2年度の入学式と前期オリエンテーションを中止し、前期は原則遠隔授業を行っています。6月5日まで構内への立ち入りを禁止しておりましたが、今後は3密を避け、段階的に解除していく予定にしております。
 
遠隔授業の現状について
  大学構内に学生がいないというのは、本学の教職員はだれも経験したことがない事態で、かつ、対面授業をすべて遠隔授業に切り替えるというのは、初めての事です。当初より学生との連絡ツールであるポータル機能を拡大したMellyを使用し、教材・資料の提供、課題の配布と収集、リアルタイムでのクラス全体・個別への連絡を開始しました。遠隔授業は時間通りに行われているため、出席はウェブ上で確認しています。
  その後、Mellyを利用しての資料・文書の配信及び学生とのやり取りに加えて、同時配信授業(Google Meet, Zoomなどを利用したライブ授業やYouTubeを利用した授業発信)なども行っております。
  遠隔授業実施に際しては、担当教員が内容を創意工夫し、対面授業と同等の質を確保できるよう努力し、実施しています。学生の皆さんの協力を得ながら、教員は徐々にITスキルとウェブを利用したティーチングスキルを上げ、現在に至っております。
  前期定期試験につきましては、現在実施方法を検討しておりますので、決定次第学生の皆さんにお知らせします。

 

実習について

  今後の実習先所在地の感染状況ならびに実習先の受け入れ態勢を踏まえた上で、学生の皆さんの安全を最優先とし実施してまいります。

 

学修環境の整備について
  このことについては既に5月14日に本学ホームページに掲載しておりますが、次のとおり学生支援を行っています。

 

(1)学修環境整備支援金について
  学修環境の整備のため、本学園の通学課程で学ぶ全ての学生に、一律5万円の支援を行っています。

 

(2)PC(Chromebook)の貸与
  遠隔授業の受講に際し、スマートフォンのみの通学課程の学生を対象に、Chromebookを貸与します。

 

(3)応急奨学生制度について
  家計が急変し、経済的に修学が困難になった学生に、授業料の2分の1又は4分の1を免除します。

 

(4)無利子融資奨学金(弘徳基金)について
  上記(3)応急奨学生制度の適用を受けている者、又は受けようとしている者で成績優秀等の条件を満たした場合、授業料の2分の1を上限として無利子の融資を行います。

 

  このうち(1)学修環境整備支援金につきましては、すでに受付を開始しており、6月12日以降順次振り込みをさせていただく予定です。(2)(3)(4)につきましては整備を急いでおりますが、6月中にご案内できる予定です。

 

  このたびの新型コロナウィルス感染拡大の影響により、本来の大学生活を送れないばかりか、大学の友人とも会うことが出来ず、慣れない遠隔授業や就職への不安など様々な悩みを抱えておられる学生の皆さんもおられると思います。保護者の皆さまもご心配やご不安があるかと存じますが、本学教職員が全力でサポートしてまいりますので、何卒ご理解、ご協力賜りますようよろしくお願い申し上げます。

令和2年6月5日
姫 路 大 学
学 長 上田 正一
副学長 牛尾 禮子