大学概要

ホーム > 大学概要 > 学長あいさつ

学長あいさつ

学長

 

 

 姫路大学は、近畿大学創立者、世耕弘一先生の説かれた建学の精神を掲げ、人や自然を思いやる「共生の心」を備えた人材育成を目標とし、10余年前、瀬戸内海を望む姫路市大塩町に創立いたしました。

 近年、大学を取り巻く環境はグローバル化や、より高度な専門性が要求されています。姫路大学は、看護学と教育学において、多様性や専門性、時代の変化に対応できる柔軟性をもった熱意ある人材育成を目指しています。そのために、最新の技術を取り入れた施設や教材と各分野に優れた教職員を配しております。また、災害看護教育や障がい者への教育支援に重きをおき、地域貢献や地域の人たちの健康とスポーツ推進活動にも力を注いでおります。

 学生のみなさんには、大学4年間を通して社会貢献活動に積極的に参加し「共生の心」を身につけていただきたいと願います。

 

 最後にこの精神を具現化するべく5つの教育目標を記します。

1 「人は人間だけで生きているのではなく、他の生命と共に生かされているという認識をもつこと。そして、この思想を追い求めるために実践力を培うこと。」

2 「専門職業人としての正しい倫理観を身に付け、同時に思いやりの心を持つこと。」

3 「専門職に必要な知識と技術を修得し、加えて想像力を鍛えること。」

4 「社会や歴史を探求し、洞察力と豊かな人間性を養うこと。」

5 「国際社会や異文化に適応できるしなやかな感性を育み、共生できる力を身につける。」

姫路大学では、熱意をもって、これらを実践し一所懸命学ぶ学生たちを応援しています。


姫路大学 学長 上田 正一